Hugo を試す(Windows)

Hugo を試す(Windows)


静的サイトジェネレーターの内、HexoJekyll をインストールし何となくどんなものかがわかった段階です。次は Hugo を入れてみます。


Hugo の公式は英語サイトのみですね。

The world’s fastest framework for building websites | Hugo



インストール

ドキュメントにしたがってインストールしていきますが、どうやらバイナリをダウンロードしてパスを通せばOKということのようです。

  1. 適当な場所にフォルダを作る(e.g. C:\Hugo
  2. 下位に \Sites\bin フォルダを作る
  3. Releases · gohugoio/hugo · GitHub から最新版をダウンロードする
  4. 解凍し \bin フォルダへ入れる
  5. C:\Hugo\bin にパスを通す

これだけのようです。実際にやってみます。


f:id:ausnichts:20180208170306p:plain

1, 2, です。


f:id:ausnichts:20180208170321p:plain

3, 4 です。hugo_0.36_Windows-64bit.zip を解凍しましたら、実行ファイルは最初から hugo.exe になっています。これを C:\Hugo\bin に移動するのですが、\bin フォルダを作らずに解凍したフォルダをリネームして C:\Hugo に移動しても同じことですね。


f:id:ausnichts:20180208170329p:plain

5 です。コマンドでパスを追加していますが、GUI から環境変数 PATHに追加しても同じことです。


f:id:ausnichts:20180208170345p:plain

OKですね。


サイト作成

Quick Start | Hugo に従って進みます。


>hugo new site quickstart
>cd quickstart
>git init
>git clone https://github.com/budparr/gohugo-theme-ananke.git themes/ananke
>echo theme = "ananke" >> config.toml

新規にベースとなるサイトを作り、テーマをダウンロードし、設定ファイルにテーマ名を指定するということのようです。ということは、ベースとなるサイトにはデフォルトテーマは入っていないということですかね。


やってみました。

f:id:ausnichts:20180208170356p:plain


続いて、

>hugo new posts/my-first-post.md
>hugo server -D

サンプル記事を作成し、ローカルでサーバーを立ち上げます。


f:id:ausnichts:20180208170410p:plain


f:id:ausnichts:20180208171347j:plain

ブラウザで確認、出来ていますね。


テーマ変更

テーマを変更する場合は、themes フォルダにダウンロードして、config.toml を書き換えればいいようです。シンプルな Hugo_theme_pickles | Hugo Themes でやってみます。

>git clone https://github.com/mismith0227/hugo_theme_pickles.git themes/hugo_theme_pickles
>hugo new posts/2回めの投稿.md
>hugo server -t hugo_theme_pickles -w -D

日本語のタイトルを投稿してみました。問題ないですね。

テーマは、config.toml を書き換えなくても -t hugo_theme_pickles で適用できるようです。-w はファイルの変更を監視してリロードするオプション、-D は draft ファイルも読み込むオプション、これは記事の Front Matter が draft: true となっているためにつけないと生成されないようです。


f:id:ausnichts:20180209164200p:plain

f:id:ausnichts:20180209164233j:plain