Joomla! 3.7 のカスタムフィールドを使ってみる

Joomla! 3.7 から追加された「カスタムフィールド」で何が出来るか試してみました。

カスタムフィールドは、joomla! の記事、ユーザ、コンタクトに自由に属性を追加できる機能で、フロントエンドではカテゴリーやタグなどと同等に扱うことが出来ます。フィールドのタイプは、テキスト、テキストエリア、チェックボックスはもちろんのこと、15種類のタイプが用意されています。

ただ、何に使えるかイメージが湧きにくいですので、実際に試してみるのが一番です。



フィールドグループ

まず、記事 -> フィールドグループを作ります。

f:id:ausnichts:20170919161903j:plain

設定項目はタイトルと説明だけです。

タイトルがタブの名前になります。


フィールド:一般

次に、記事 -> フィールドを作ります。

f:id:ausnichts:20170919162104j:plain

「種類」のドロップダウンからタイプを選びます。上の画像は text のものですが、* 印のものを試してみます。

  • Calendar *
  • Checkboxes
  • Colour *
  • Editor
  • Integer
  • List *
  • List of images *
  • Media *
  • Radio
  • SQL
  • Text *
  • Text Area
  • URL
  • User
  • User Groups

フィルタは、HTML、テキスト、英数字、電話などが指定できます。

右側のフィールドグループを指定しておきますとひとつのタブにまとめて表示されます。


フィールド:オプション

f:id:ausnichts:20170919163421j:plain

オプションタブ -> 自動表示では、記事の中の表示位置を「タイトルの後」「(本文の)表示前」「(本文の)表示後」「いいえ」から選び、「いいえ」の場合は、各記事で自由に指定できます。


フィールド一覧

f:id:ausnichts:20170919163902j:plain

フィールドの一覧です。二つ目のタイトルを「サンプルタイプ」としてしまいましたが「リスト」のサンプルです。


記事追加画面のカスタムフィールドタブ

f:id:ausnichts:20170919164155j:plain

フィールドグループのタイトルで指定した「カスタムフィールド」のタブが現れ、カレンダーフィールドをクリックしたところです。


f:id:ausnichts:20170919164422j:plain

カラー選択フィールドをクリックしたところです。カラーピッカーが表示されています。


f:id:ausnichts:20170919164734j:plain

メディアフィールドは、イメージフォルダがポップアップで開きます。初期フォルダーを指定しておけます。


f:id:ausnichts:20170919165039j:plain

画像一覧フィールドは、指定フォルダ内の画像の一覧がリスト表示されます。


f:id:ausnichts:20170919165241j:plain

各フィールドの指定が終わりました。


記事内へのカスタムフィールドの表示

記事内へのカスタムフィールの挿入は、各フィールドのオプションタブ -> 自動表示の指定で変わります。「タイトルの後」「(本文の)表示前」「(本文の)表示後」を指定した場合は、なにもしなくても自動的に挿入されます。

「いいえ」を選択した場合は、各記事で手動で指定することになります。


f:id:ausnichts:20170919165729j:plain

今回は、メディアフィールドを「いいえ」に指定しましたので、記事編集アイコンの「フィールド」をクリックします。


f:id:ausnichts:20170919170624j:plain

フィールドダイアログがポップアップしますので、「サンプルメディア」をクリックしますと記事内に { field 5 } と挿入されます。


記事のフロントエンド

f:id:ausnichts:20170919171535j:plain

テキストフィールは「タイトルの後」、カレンダー、カラー選択、画像一覧各フィールドは「表示前」、メディアフィールドは「いいえ」で上の画像で { field 5 } と指定したものです。「表示後」を指定すれば同じ位置に表示されます。


で、なにに使うか?

自由度はすごいんですが、あるいはすごいがゆえにかは分かりませんが、今のところ何に使えばいいのか浮かんできません(笑)。