新しく OS を追加した場合の Grub/Ubuntu Server をマルチブートでインストール

VAIO VGN-NW71FB という2009年発売の古い PC に Plamo Linux, Ubuntu, Windows10 を入れて遊んでいることは前記事にも書きましたが、そのうち Plamo Linux はサーバーを立ててチェック用にしたりしています。

もうひとつの Ubuntu は、デスクトップ版を入れていますが、あまり活用していません。

あらためてサーバー版を入れて、あまり詳しくない Debian系の Linux を学んでみようと思います。



Ubuntu Server をすでにあるパーティションにインストール

通常のインストール方法はたくさん公開されていますので省略して、すでにマルチブートになっているうちのひとつのパーティションに入れる場合の特殊なケースを書いておきます。特殊といってもパーティションの指定だけです。


f:id:ausnichts:20170620161510j:plain

この画面で Manual を選びます。


f:id:ausnichts:20170620161518j:plain

該当パーティション、この場合は sda3 を選びエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161528j:plain

この状態でエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161537j:plain

ファイルシステムの選択画面になりますので、Ext4 でエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161546j:plain

戻りましたら矢印キーで Format the partition: を選びエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161554j:plain

yes, format it に変わります。続いて、Mount point: を選びエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161601j:plain

今回はパーティション全体を root にマウントしますのでそのままエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161609j:plain

戻りましたら、Done setting up the partition を選びエンターします。


f:id:ausnichts:20170620161719j:plain

確認して Yes で進みます。


Grub インストール

f:id:ausnichts:20170620162121j:plain

インストールの最終局面で Grub を MBR にインストールするかと聞いてきますので、Ubuntu の Grub をブートローダーにする場合は Yes、他のブートローダーを使う場合は No を選びます。

上の画像をみますと、Windows と Plamo を認識しているようですので、Yes で進めば Ubuntu の Grub で問題なくマルチブートになると思います。今回は、Plamo のブートローダーを使いますので No を選びましたが、当然別途設定が必要になります。

Grub-mkconfig で Ubuntu を追加する

Plamo Linux を立ち上げ、grub.cfg に Ubuntu を追加します。


f:id:ausnichts:20170620163632j:plain

通常、Plamo ではデスクトップ環境を使っていませんが、キャプチャが楽ですので、X Window からコンソールを立ち上げています。

$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

これで grub.cfg を書き直してくれます。


f:id:ausnichts:20170620164854j:plain

Ubuntu Server が立ち上がりました。


Grub の設定変更は /etc/default/grub を編集する

で、完了と思ったのですが、今度は Plamo の無線LAN が繋がらなくなってしまいました。

え、なぜ!? と考えることしばし、思い出しました。


www.imuza.com

grub-mkconfig を実行したせいで、カーネルの起動オプションの wlan が削除されてしまったようです。

あらためてこのカーネルの起動オプションの件を考えてみますと、grub.cfg を直接編集してはいけないですね。

で、どうやってカーネルオプションを指定するかといいますと、/etc/default/grub を編集して指定します。


# Default Menu Entry
GRUB_DEFAULT=0
# Time after the menu displayed
GRUB_TIMEOUT=10
# Time before displaying the menu
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
# Display countdown or not
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=false
# Command line arguments for default linux entry
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="vga16 unicon=eucjp vt.default_utf8=0 panic_output=7 wlan"
# Command line arguments for all linux entry
#GRUB_CMDLINE_LINUX=
# Distributor
GRUB_DISTRIBUTOR=Plamo

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT に wlan を追加して、再度 grub-mkconfig を実行します。

これで Plamo の無線LAN が繋がりました。