Git 初期設定(ユーザ名、メアド設定)と保存される場所

前記事 > Git for Windows インストール



Git for Windows がインストールできましたので、初期設定としてユーザ名とメールアドレスを設定します。

通常、Git bash やコマンドプロンプト(パスが通っている場合)を立ち上げて、git config --global user.name "ユーザ名"などと打てばいいのですが、その設定値がどこに保存されるのかを調べてみました。

Git の設定は次の3段階あるようです。

  • –systemオプションは全体(Git を使うユーザすべて)
  • –globalオプションはユーザごと
  • オプションなしはリポジトリ内

それらの設定の優先度は、リポジトリ > global設定 > system設定 となります。


システム設定

--systemオプションでユーザ名で設定してみます。Git bash やコマンドプロンプトは管理者権限で立ち上げないとエラーになります。

$ git config --system user.name ユーザ名

$ cat /c/Program\ Files/Git/mingw64/etc/gitconfig
[credential]
        helper = manager
[user]
        name = ユーザ名

$

となり、Program Files\Git\mingw64\etc\gitconfigに上のように追加されます。テキストファイルですので、管理者権限であればテキストエディタで設定、変更できます。


グローバル設定

--globalオプションで設定しますと次のようになります。これはユーザごとですのでユーザ権限で設定します。

$ git config --global user.name ユーザ名

$ git config --global user.email メールアドレス

$ git config --list
(略)
user.name=ユーザ名
user.email=メールアドレス

$ cat .gitconfig
[filter "lfs"]
        clean = git-lfs clean -- %f
        smudge = git-lfs smudge -- %f
        process = git-lfs filter-process
        required = true
[user]
        name = ユーザ名
[user]
        email = メールアドレス

$

となり、ユーザフォルダの.gitconfigファイルに保存されます。


リポジトリ

Git でバージョン管理をする場合は、管理したいフォルダでgit initとします。そうしますと、そのフォルダ内に.gitというフォルダがつくられます。

$ git init
Initialized empty Git repository in 対象フォルダ/.git/

続いて、ユーザ名とメアドを設定してみます。

$ git config user.name ユーザ名

$ git config user.email メアド

$ cat .git/config
[core]
        repositoryformatversion = 0
        filemode = false
        bare = false
        logallrefupdates = true
        symlinks = false
        ignorecase = true
[user]
        name = ユーザ名
        email = メアド

$

というように、設定は.git\configに保存されます。


f:id:ausnichts:20170302204723p:plain

.git内はどうなっているかといいますとこんな感じで、この中にいろいろファイルが保存されてバージョン管理されていくのでしょう。次はそのあたりをみてみようと思います。