読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMUZA.com

Joomla!によるウェブ制作, PHP, Javascript, CSS

はてなブログ

はてなブログ テーマ制作
・とことこ with Menubar
・Simple Responsive with Menubar
・Mobile-First Responsive
・Hyperspace

Joomla!

Joomla! によるウェブ制作
・テンプレート自作
・モジュール自作
・Joomla!でサイト構築

Web Tips

ウェブサイトづくりに役立つかも
・Javascript
・CSS

Windows, Linux

Windows10
Plamo Linux

Windows10, Plamo Linux, Ubuntu のマルチブート完成(Winシステム予約済みあり)

Windows, Linux

VAIO VGN-NW71FB をマルチブートマシンに Ubuntu 16.04 LTS で 「インストーラーがクラッシュしました」 - IMUZA.com の続きです。

結局、何のことはなく、

  1. 基本パーティション‐Windows システムで予約済み
  2. 基本パーティション‐Windows10
  3. 拡張パーティション
    1. 論理パーティション‐Ubuntu
    2. 論理パーティション‐Linux swap
  4. 基本パーティション‐Plamo

で OK でした。

ただ、いろいろググったりしていましたら、Windows10 が使う 500M のシステム予約済みというパーティションはなくてもインストールできるらしく、そうすれば全て基本パーティションにインストールできることになります。

システム予約済みのパーティションなしもやってみようと思いますが、上のパターンも、せっかくキャプチャしましたので記事にしておきます。



Windows10 を入れる

画像は Windows10 インストール後、Ubuntu の GParted をキャプチャしたものです。

f:id:ausnichts:20160706163505p:plain

Ubuntu を論理パーティションに入れる

第三パーティションは、Plamo 分の領域を残し、拡張パーティションとし、Ubuntu と Swap のパーティションを切ります。

f:id:ausnichts:20160706164852p:plain

Grub は、インストール済みの Windows10 も自動で拾ってきますので MBR に入れてしまえば OK です。下図のようなブートローダーになります。

f:id:ausnichts:20160706174325j:plain

Plamo を第四基本パーティションに入れる

画像はインストール済みのキャプチャです。swap は共用すれば OK です。

f:id:ausnichts:20160706165644p:plain

ということで、Windows10, Plamo Linux, Ubuntu のマルチブート完成です。

次回は、Windows のシステム予約済みパーティションを削除してインストールしてみます。