読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMUZA.com

Joomla!によるウェブ制作, PHP, Javascript, CSS

はてなブログ

はてなブログ テーマ制作
・とことこ with Menubar
・Simple Responsive with Menubar
・Mobile-First Responsive
・Hyperspace

Joomla!

Joomla! によるウェブ制作
・テンプレート自作
・モジュール自作
・Joomla!でサイト構築

Web Tips

ウェブサイトづくりに役立つかも
・Javascript
・CSS

Windows, Linux

Windows10
Plamo Linux

Chromeでの日本語変換がおかしい件、Chrome Canary では解消

Windows, Linux はてなブログ

www.imuza.com

Chromeでの日本語変換がおかしい件、Chrome Canary では解消されています。

こちらが、Chrome Canary 58.0.3026.0 版のはてなブログ Mardownモードの画像です。分節カーソルがちゃんと移動していますし、入力中の文字じゃないところに分節カーソルが出ることもありません。

f:id:ausnichts:20170228202954j:plain


安定版の Chrome では若干挙動が異なります。分節カーソルは移動しないのですが、そのかわり通常カーソルというのか、画像の分節の前の縦棒が対象分節に移動します。Chrome 56.0.2924.87 です。

f:id:ausnichts:20170228203514j:plain

Git for Windows インストール/プログラマーじゃないけど Git 入門

プログラマーじゃないけど Git 入門 Windows, Linux

GitHub を使ってはいますが、Git 自体をあまり理解していませんし、有効活用しているようには思えませんので、Dropbox の Public フォルダから GitHubページに移行したのを機会に少し理解を深めようかと思います。

 

「プログラマーじゃないけど Git入門」まずは、Git for Windows のインストールからです。

 

 

バージョン管理

Git とは、ウィキペディアから引用しますと

gitは、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。Linuxカーネルのソースコード管理に用いるためにリーナス・トーバルズによって開発され、それ以降ほかの多くのプロジェクトで採用されている。

ということですので、もともとは Linux 上のツールということです。オープンソースでの開発にはたくさんのプログラマーが関わりますから必須のツールですね。

 

バージョン管理というのは、ソースコードだけではなく、普通にテキスト文書を書いている時にもここで一旦保存しおこうということと同じで、その変更履歴を管理し、ああ直さなきゃよかったなあと思った時にひとつ前、ふたつ前に簡単に戻すことができるようにするシステムと考えればいいと思います。

ですので、ローカル(自分のPC)に Git を導入すれば、テキスト文書であれば、同じ文書の名前を、例えば日付をつけていくつも保存したりする必要がなくなる(のではないか)と思います。

後に試してみようと思いますが、あるいは Word や Excel などもいけるのかもしれません。

 

なお、バージョン管理には集中型と分散型があるようですが、プログラマーではありませんのでそこまで深入りはせず、まずは分散型と言われる Git を理解できるようやってみましょう。

 

 

リポジトリ

用語としてはリポジトリくらいは分かっていないと前へ進めません。IT用語辞典バイナリからの引用ですが、

リポジトリとは、元々「貯蔵庫」や「資源のありか」といった意味の英単語であり、IT用語としてはアプリケーション開発の環境において、ソースコードや設計、データの仕様といった情報が保管されているデータベースのことである。

ということで、変更履歴をデータベースとして保存しておく場所と考えればいいんでしょうか、正直、今のところはっきりしたものはイメージできませんが、実際にやってみればわかるでしょう。

 

で、分散型というのは、そのリポジトリがローカル(自分のPC)とリモート(サーバ)にあるシステムで、ローカルはもちろん自分だけ、そしてリモートは共有、あるいは公開するものになり、ローカルで開発したものをリモートに上げれば共有され、他の人がその変更を自分のローカルに取り込んで新たに変更を加えることができ、さらにその人が変更したものをリモートに上げるといった具合に共同で開発していくことができるということのようです。

 

まずは、ローカルに Git を導入してみましょう。

 

Git for Windows インストール

git-for-windows.github.io

の Download をクリックしますとダウンロードされます。

 

オプションの選択はこちらのサイトが詳しいです。

私家版 Git For Windowsのインストール手順 | OPC Diary

こちらを参考にして、私がデフォルトから変更したところだけ示します。

 

f:id:ausnichts:20170222195755p:plain

これは、Git と bash など Unix系のコマンドにパスを通すかどうかの選択で、Use Git from Git Bash only ではパスに何も追加しませんので、Git は、Git Bash を立ち上げて使用します。

2つ目の Use Git from the Windows Command Prompt は、C:\Program Files\Git\cmd をパスに追加しますので、コマンドプロンプトから Git が使えるようになります。

3つ目の Use Git and optional Unix tools from the Windows Command Prompt は、下の画像の3つをパスに追加します。これにより、コマンドプロンプトから Git だけではなく、bash など Unix系のコマンドが使えます。

私は、MinGWやcygwinなど Unix系のツールを入れていませんので、3つ目を選びました。

f:id:ausnichts:20170224155127p:plain

 

もう1ヶ所の変更は、 

f:id:ausnichts:20170222195829p:plain

これは正直なところ、意味はわかるのですが、具体的にどういう問題が発生するのかよく分かりませんので、紹介サイトの言われるままに一番下を選びました。

 

で、インストールを完了しますと、C:\Program Files\Git 以下に次のように配置されます。

f:id:ausnichts:20170224160134p:plain

 

コマンドプロンプトを立ち上げて確認してみましょう。

f:id:ausnichts:20170224161643p:plain

 

確かにインストールされています。

次は実際にリポジトリを作って何ができるのか確かめてみましょう。

 

DropboxのPublicフォルダからGitHubページに移行した

プログラマーじゃないけど Git 入門 Windows, Linux

 

まだ先だと思っていた Dropbox の Public フォルダの終了が間近に迫ってきました。

 

www.imuza.com

 

結局、GitHub ページを利用することにしました。

 

私はプログラマではありませんので共同で開発したりすることはありませんが、GitHub ってなんだろうと興味を持ち、難しいなあと思いながらも、自前のスクリプトを公開する目的で利用しています。

 

今のところ有効な使い方をしていない GitHub ですが、この際、Git そのものをもう少し勉強してみようと思います。「プログラマーじゃないけど Git 入門」とまとめていければと思いますが、まずは Dropbox の代替手段を構築しなくてはなりません。

 

 

GitHub ページというのは、GitHub が提供している Web ページを公開できるサービスということだと思います。こちらにヘルプページがあり、作り方が詳しく説明されています。

pages.github.com

 

以下、 GitHub にアカウントがあるということで書いています。持っていない方は、まずアカウントを取ることから始めてください。取り方は詳しく書かれたサイトがいっぱいありますのでググってください。今さら私が書くこともないと思いますので省略です。

 

上のヘルプページには、http://アカウント名.github.io でアクセスできるユーザーサイトと通常のリポジトリ内のページを公開できるプロジェクトサイトの2つの方法がかかれています。

 

ユーザサイトを作成する

  1. 新しいリポジトリを アカウント名.github.io で作る
  2. ローカルにクローンして、その中に index.html など公開ファイルを作成する
  3. add, commit, push する
  4. http://アカウント名.github.io にアクセスして確認する

これだけです。実際にやってみます。

 

新しいリポジトリ アカウント名.github.io を作る

f:id:ausnichts:20170222105416p:plain

f:id:ausnichts:20170222105425p:plain

「Initialize this repository with a README」にチェックを入れておきますと、リポジトリ内にリポジトリ名だけの README.md が作られるようです。

Create repository をクリックします。

 

f:id:ausnichts:20170222105951p:plain

3行目あたりのリンク README をクリックしますと README.md の編集画面になり、Commit new file ボタンをクリックしますと同様に README.md が作られます。スルーしてしまって問題ないようです。ただ、次のローカルにクローンする際、リポジトリが空だよと怒られます。

 

ローカルにリポジトリをクローンする

ローカルでの作業になります。あらためて記事にする予定ですが、Git for Windows がインストールされている前提で進みます。

Git bash を立ち上げ、リポジトリを作成するフォルダに移動します。

$ git clone https://github.com/アカウント名/アカウント名.github.io
Cloning into 'アカウント名.github.io'...
warning: You appear to have cloned an empty repository.

リポジトリが空だよと注意を受けますが問題なくリポジトリは作られます。

 

公開ファイルを作成し、add, commit, push する

最初に引用した GitHubページのヘルプの通りに打ち込んでいきます。

$ cd アカウント名.github.io

$ echo "Hello World" > index.html

$ git add --all

$ git commit -m "Initial commit"
[master (root-commit) 32e091d] Initial commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 index.html

$ git push -u origin master
Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 227 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Branch master set up to track remote branch master from origin.
To https://github.com/アカウント名/アカウント名.github.io
 * [new branch]      master -> master

 

アカウント名.github.io にアクセスしてみる

http://アカウント名.github.io にアクセスしてみますと、

f:id:ausnichts:20170222113101p:plain

成功です。

後は、公開サイトを作りたいのなら、ローカルリポジトリで作成しリモートにプッシュするだけです。

 

プロジェクトサイトを公開する

通常のリポジトリを Webページとして公開することもできます。ヘルプページの上部セレクターの Project site をクリックすれば詳しく書かれた記事が表示されます。

GitHub が用意しているテーマもあるようですので、またあらためてやってみようと思いますが、要点は次の通りです。

  1. 好きな名前でリポジトリを作る
    もちろんすでにあるリポジトリでも可
  2. Setting の GitHub pages で master branch を選べば、リポジトリ直下が http://アカウント名.github.io/リポジトリ名 として公開される
  3. master branch / docs folder を選べば、Docs フォルダが http://アカウント名.github.io/リポジトリ名 として公開される

ということのようです。どちらもリポジトリ内にファイルがないと選択できません。

 

 

f:id:ausnichts:20170222120708p:plain

f:id:ausnichts:20170222120722p:plain

 

まずは、Dropbox の代替手段はこれで OK です。

次は Git のお勉強です。

 

Chromeでの日本語変換がおかしい件、Canary で一歩前進

Windows, Linux

Chrome での日本語入力の文節カーソルが移動しない件、以下の記事の「Chrome Canary で試してみるも」の問題点は、ある一定の条件下でないと症状は出ませんね。

 

www.imuza.com

 

Chrome Canary のバージョンは、58.0.3012.0 です。

 

その一定の条件下というのがあまりはっきりしないのですが、今のところ「はてなブログ」でしかチェックしていませんので以下2つです。

  • 編集モードが Markdown モードですと必ず症状が出る。
  • 見たままモードですと、ほとんどでないのですが、時に出る時があってもどういう条件下かはっきりしない。

 

今のところ分かっているのはこんなところで、今は Canary で見たままモードにして使用しています。

 

 

Google Chrome の旧バージョンを使ってみる

Windows, Linux

Chrome での日本語入力時に分節カーソルの表示がおかしい件、いろいろやってみても解決できません。しばらく Firefox をメインにしてみたのですが、やはり慣れなくて使いにくいですね。

www.imuza.com


ということで、旧バージョンはないかと探してみたのですが、やはり公式では手に入らないですね。自動更新になっているんですから当たり前ですか。

ググってみますと、いくつかヒットしますので試してみました。

  1. グーグル・クローム - Google Chrome の旧バージョンを無料ダウンロード
    ここはどのリンクも公式のダウンロードサイトへ行ってしまいますのでダメですね。

  2. OldVersion.com
    ここは古くてダメですね。

  3. FileHippo.com
    ここも公式へ行きます。


結局、ここにたどり着きました。

www.slimjet.com

Slimjet という chromium 派生ブラウザのサイトですが、Chrome の旧バージョンを保存しているようです。

Version Size Date
56.0.2924.8742.15 MB2017-02-8
55.0.2883.7542.53 MB2016-12-9
54.0.2840.7142.06 MB2016-10-21
53.0.2785.11644.7 MB2016-09-19
52.0.2743.11642 MB2016-08-3
51.0.2704.8441.86 MB2016-06-9
50.0.2661.7541.52 MB2016-04-15
49.0.2623.7541.1 MB2016-03-3
48.0.2564.9740.76 MB2016-02-2


リンクをクリックしますと 7z の自己解凍ファイルがダウンロードされますので、クリックして適当なところに解凍します。該当バージョンのフォルダができますので、中の Chrome.exe をクリックするだけです。

で、日本語入力のトラブルは、55.0.2883.75 でも同じ症状が出てダメ、54.0.2840.71 では OK でした。ただ、旧バージョンをメインで使うのもちょっとばかり怖いですね。どうしますかね。

ちなみに、自動更新ができないようになっているのか、「更新の確認中にエラーが発生しました: 更新チェックを起動できませんでした(エラー コード 1: 0x80004005)」とエラーが出ています。もちろん自動更新されては意味が無いのですが。

f:id:ausnichts:20170210173042p:plain


ついでにということで、Slimjet も試してみましたら、日本語入力は Chrome と同じ症状が出ます。結局、chromium に問題があるということなんでしょうか。